水は様々な過程を通過して、家庭の水道水に配られます。

安全な水になるまでは様々なプロセスがあった|家庭に水が届くまで

MENU

水道水のイメージ

日本では、蛇口をひねれば綺麗な水が出てくるということが当たり前になっています。
おそらく、この文章をお読みの皆さんも普段は何ら意識することなく蛇口から出てくる水を使っているはずです。
しかし、実際にはそこに様々なプロセスが隠れています。
日常生活の中でそうしたプロセスを意識する機会はありませんが、私たちの見えないところで様々な工夫や努力がなされているからこそ、
各家庭で綺麗な水を使うことができているのです。
このページではそんな、各家庭に水が届くまでの流れを紹介していきたいと思います。

 

水を取り込む

原水の3つの種類

水が各家庭に届けられるプロセスにおいて、初めに行われるのが水を取り込むという作業(以下取水)です。
取水の目的は水を一ヶ所(または数ヶ所)に集めることで、これが無ければそれ以降のプロセスも生まれません。
取水では、「原水」と呼ばれる水が集められることになります。
この原水には大きく分けて、3つの種類があります。

 

1つ目は表流水と呼ばれる水で、これは河川の地表上を流れている水のことを指します。
表流水は水量が豊富で、そのため安定した取水が可能な水として日本では最も一般的な原水として使用されています。
しかしその一方で、季節によって水温が上下したり、環境によって水温が変化しやすかったりする、水質変化の激しい水でもあります。

 

2つ目は伏流水と呼ばれる水です。
これは河川の底に沈殿している砂利層の中を流れている水のことで、表流水よりも不純物が少ないのが特徴です。
また、水質・取水量ともに安定している原水でもあります。

 

最後の3つ目は地下水です。
これはその名の通り、地表面からは確認できない地価を流れている水のことで、上記の2つよりも水質・水温の両面において良質な原水です。
加えて、水質・水温の両面で非常に安定しているという特徴も持っています。
ただし、その一方で難点もあります。
土壌の状態によって、水に含まれる成分が変わってくるという特性があるのです。
以上の3つが原水と呼ばれているものの主な分類になります。
取水のプロセスにおいてはこれらの水が堰やダムに取り込まれ、そこから次のプロセスに繋がって行くことになります。

 

水を綺麗にする

取水した水は、そのままの状態では各家庭に届けることはできません。
原水には有害無害を問わず様々な物質が混ざっているため、これを取り除かなければならないのです。
取水された原水がまず初めに送られるのは沈砂池という場所です。
ここでは原水に含まれる砂など、粒子の大きな不純物が取り除かれます。
そしてこのプロセスを経た水は、次に浄水場に送られることになります。
浄水場ではまず、着水井と呼ばれる入口の部分で水量が調整され、それから薬品混和池と呼ばれる場所に溜められます。
ここでは、池の中に小さなゴミを沈みやすくするための薬品が投入され、入念に混ぜ合わされます。
そしてこの水は、次にフロック形成池という場所に流し込まれ、ここで水中の細かいゴミを薬品によってフロックという塊に成形します。
こうしてできたフロックは、続いて送られる沈殿池という場所で水底に沈められます。
またこの沈殿池では、上澄みの水を濾過池に送るという作業も行われます。
そして、この濾過池では沈殿池で処理しきれなかったフロックが除去されます。
以上の工程が終わったところで、浄水場に送られてきた原水からは濁りが無くなります。
しかし、この段階でもまだ目に見えない不純物が含まれているため、濾過池の水はさらに浄水池に移され、ここで塩素による消毒が行われることになります。
この塩素による消毒が水を綺麗にするプロセスの最終段階となります。

 

ダムについて詳しくはこちら

 

水を各家庭に配る

水が家に届けられる

浄水場で綺麗になった水は、次にいよいよ各家庭に配られることになります。
このプロセスは、浄水場から配水所に水が送られるところからスタートします。
配水所とは文字通り、配るための水を溜めておく場所で、配水管を通して必要とされる場所に水を流す役割を担っています。
配水所に溜められている水はまず給水本管に送られ、そこから区道・市道などを区切りとして配水小管に流れて行きます。
そしてそこからさらに給水管に分岐して、この給水管を通して各家庭に届くことになります。
各家庭に送られてきた水はポンプによって汲み上げられ、蛇口まで流れてくることになります。
以上が、配水所から各家庭に水が届けられる一連の流れになります。
普段私たちが何気なく使っている水道水が、どのようなプロセスを辿って各家庭に届いているのかお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

配水について詳しくはこちら

 

また、身近な水トラブルと言えば水漏れです。いざ業者を呼ぶ際には水漏れ・水道修理業者比較 を行ってから適正価格で納得のいく修理を受けましょう。
お勧め水道業者から水漏れ場所別の修理方法を掲載しています。